ポ京の十六文キック
カートや車のことを適当に書いています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やばいやばい
あけましておめでとうございます!
いやーすみませんこんなにほったらかしてしまって・・・
お陰様で元気です。
年明けからディジョンレーシングさんの新年会に呼んでいただいて、東京観光したりしてました。
何より、一人で電車に乗れたことにとても感動しています。
ということで今年もレースができるように頑張ります。
スポンサーサイト
十勝7時間
はいどうも!
随分久々ですが・・・
とりあえず2レース出たのでご報告を。

まずは十勝の7時間耐久ー
マシンはセットアップさんのDC2とイエローさんのEG6です!
image (13)
図々しくも二台乗せて頂いて・・・
前日はDC2乗りました。
めっちゃブレーキ効くなあと思ってちょっと突っ込んでみたら思いっきりロックしてびびるのからスタート・・・
無線で「ちょっとABS無いじゃないですか!」とか文句を言いつつ無事走りました。
でー予選アタック。
タイヤが195のハンコック硬いやつで、ジュニアコースに行ったころにはもうたれてました。

残念ながらEG6にコンマ2届かず予選二番手です。
image (12)


決勝はEG6に先に乗って、30分間隔でDC2に二回乗せて頂きました。
全部で四時間くらい乗ったかもしれません・・・
ミッションが渋いから一つ上のギヤで走ると、ブレーキが怪しくなる・・・を繰り返して・・・
特に五速に入りにくくて、終盤はずっとダブルクラッチでした。
「EGとランデブーしますか?」
「そういうのはいいから無事に帰ってきてください!」
とかそんな感じで楽しく走れました。
結果はDC2で優勝!
いやーよかったです。
ゴール時は暗かったですが、光軸がめちゃくちゃでなかなか辛い戦いでした。ファイナルラップに事故るかと思った・・・
ナイトセッションを経験したので、いつ十勝24時間があってもいける気がしますね!
image (11)
照れちゃいますね、
どうもどうも。
近頃はーカートに乗ったりしています。今年初カートは、意外と違和感なく乗れました。DC5での特訓の成果でしょうか。
お陰様で、ザナルディKZ3に乗り換えました。28パイです。
8/24に南幌で行われる北海道 サマーカート フェスティバルに出場予定です。

でー今週末は、十勝7時間耐久。
マシンはEG6とDC2でダブルエントリーという噂が・・・頑張ります。DC2は結構思い出のマシンです。
ちなみに決勝は土曜日です。

そうそう、JOY耐のレポートが掲載されてますので、ぜひご覧ください。
http://www.twinring.jp/joytai/report/14report1.html
JOY耐日曜日
さて遅くなってしまいましたが、いよいよ決勝日!
給油を終え、遠い遠いポールポジションに手押しで移動です。
IMG_3785_2.jpg
スタートドライバーは天野選手です。
スタート直後、ペースを上げてきた二台に抜かれますがここは落ち着いて三位キープ・・・
燃費を見るため、ガス欠まで引っ張って給油へ。
しかしこの時、スタンドは激混み状態・・・
12分のストップが義務付けられていますが、15分程になってしまいました。
次は関川さん。
IMG_3803_2.jpg
2分19~20秒くらいで走行していきます。
関川さんの次、いよいよ出番です。
しかしこの時、規定よりも早くピットアウトしてしまい、ペナルティを受けることとなってしまいます。
無線が使えないJOY耐の難しさでしょうか・・・ピットアウトしてミラーを見た時、何やら慌てている様子は見えたものの、それで停止するという判断ができませんでした・・・
それ以外は順調に、燃費走行をしつつタイヤと駆動系を労わりました。
90台が走行していますが、それ程大渋滞という感じでもなく、耐久レースを楽しみました。
続いて高宮さんのスティントです。
image (9)
練習がほとんどできなかった高宮さんですが、さすがに豊富な経験を活かして、タイムも2分20秒台で安定した走行をしていただきました!
余談ですが、もし高宮さんの前にトラブルが出てしまうと、ほぼモテギを走ることなく終わってしまうので・・・楽しんで頂いたようで本当に安心しました。
その後も順調に繋いでいき、最後のスティントを担当しました。
ピットアウト時点でクラス4位だったので、表彰台を目指しての走りとなります。
どの車が3位かはわかっていたものの、何回抜けばいいのかがわからず、そこそこにペースを上げて走行・・・
無事クラス3位でチェッカーとなりました。
ポールポジション賞を頂き、シャンパンファイトもしてきました!
IMG_3831_2.jpg
ここに名前を刻む事ができ、ライアファクトリーさんの技術の高さ、またドライバーもそこそこのレベルであることが証明できたかと思います。
http://www.twinring.jp/result_m/records/full-4wheel/

7時間無事に走り切り、マシンについても作戦についても、来年に向けて多くを学べたと思います。
言いだしっぺとして、チーム内の人間関係や全員が走れるのか、楽しんで帰ってもらえるのか等色々心配していましたが、皆様のお陰で全く問題なくレースウィークを楽しむことができました。
一発の速さを見せることができたので、来年は結果を残していきたいですね。

参戦に向けて協力頂いたライアファクトリー様、北海道の謎のチームに乗って下さった天野選手、忙しいにも関わらず乗って下さった高宮選手、現地で協力頂いたチームの皆様、ありがとうございました。

今年は序盤に飛ばしすぎた感もあり、次のレースは未定ですが、決定次第ご報告します!
JOY耐土曜日
さて二日酔いになることも無く迎えた土曜日!路面はドライです。
まずはフリー走行で、高宮選手がローターの熱入れを兼ねた練習。
しかしドラシャのブーツに破れが見つかり、早々に終了・・・
無事にトラブルは解消され、Aドライバー予選となりました。
金曜にドライで走行できていないので、まずはユーズドタイヤでフィーリングを確認してからニューを投入するか決めることとしました。
他車に引っ掛かりながら走行し、2分14秒1。ややアンダー気味なので、ニュータイヤ投入を決意しピットへ向かいます。
この時、タワーを見るとゼッケン13が一番上に表示されていました。
タイヤ交換中、残り時間を確認すると11分。
この頃にはコースも空いていて、タイムは出しやすい状況でした。
ニュータイヤのグリップ感と独特なニュルニュル感に若干惑わされてしまったものの、何とかまとめてタイムは2分13秒390・・・
トップタイムな上に、JOY耐クラス7のコースレコードを更新することができました!
その時の車載です。


続く天野選手によるBドライバー予選も、クリアラップが取れない中2番手となり、ポールポジションを獲得することができました!
image (1)


今回は予選を頑張ろうという事で参戦したので、目標を達成できてとても嬉しく思います。
またライアファクトリーさんの技術も証明することができたかと思っています。
個人的には、人生初となるコースレコードを記録することができ、3月のスーパー耐久のリベンジを少しは果たす事ができました。
ご協力、応援頂いた皆様本当にありがとうございました!

次回は決勝編です。
燃費的にもレギュレーション的にもとても厳しい戦いが予想されますが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。